大概

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大槪 も参照。

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

たいがい

  1. 大要概略あらまし
  2. 凡そのもの、大部分
    • なぜなら、子供のしわざと思へぬほど首尾一貫し、バレたときの用心がちやんと仕掛けてあり、大概の人は私を信用するのであつた。私は大概の大人よりも狡猾であつたのである。(坂口安吾 『石の思ひ』)
  3. 一般的普通。よくあることがら。
    • 大概のことにはおどろかない。
  4. いい加減。ほどほど
    • 大概にしとけ。
  5. それなりにひどいさま。かなり悪いさま。
    • 親もいい加減なほうだが息子も大概だ。

発音[編集]

た↗いがい

成句[編集]

副詞[編集]

大 概(たいがい)

  1. 一般的に、ほとんど
    • 郷里で昔聞き慣れた物売りの声も今ではもう大概なくなったらしいが、考えてみるとずいぶんいろいろのものがあった。(寺田寅彦 『物売りの声』)
  2. 多分おそらく
  3. すっかり
    • 大概嫌になる。
  4. そのくらいで、そろそろ
    • おまえも大概あきらめろよな。

中国語[編集]

発音[編集]

  • 北京官話
    • ピンイン: dàgài
    • IPA: [ta˥˩kai˥˩]
  • 國語: ㄉㄚˋ ㄍㄞˋ
  • 広東語: daai6koi3
  • 閩南語
    • POJ: tāi-khài
    • IPA: [tai˨˩kʰai˨˩]

副詞[編集]

 

  1. おそらく

名詞[編集]

大 概

  1. 概案