普通

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア普通 の記事があります。

名詞・形容動詞[編集]

 ふつう

  1. あまね通ること。広く通用すること。例外特別ではないこと。
    それが東京に伝わって、東京の人もやはり湯屋とか錢湯とか呼ぶを普通とし、たまに風呂屋などという人があれば、田舎者として笑われたのであるが、この頃は風呂屋という人がなかなか多くなった。(岡本綺堂 『明治時代の湯屋』)
    当時普通に用いられていた小刀は大抵宗重という銘がうってあって、此は大量生産されたものであるが、信親、丸山などになると数が少いので高い價を拂って爭ってやっと買い求めたものである。(高村光太郎 『小刀の味』)
  2. 条件制限を設けないこと。
    普通選挙
    普通名詞
  3. ありふれていること。優れた点や変わった点を持たないこと。
    彼らの鍛錬を重ねた指の技巧をもってしてこそ、はじめてこの美しいピアノの音が出る。普通の人々がそのタッチをまねて見ようと言っても、それは全然出来ない事である。(兼常清佐 『音楽界の迷信』)
    あとは皆地上数百ないし数千メートルの高所から降下するものである。その中でも雨と雪は最も普通なものであるが、雹(ひょう)や霰(あられ)もさほど珍しくはない。(寺田寅彦『凍雨と雨氷』1921年2月、朝日新聞)
  4. (俗)優れて劣ってもおらず、標準に位置すること。
    「そのレストランはおいしかった?」「うん。普通においしかった。」

発音[編集]

ふ↗つー

類義語[編集]

語義1

語義3

語義4

対義語[編集]

語義1

語義2

語義3

語義4

翻訳[編集]

形容表現;「普通の」

副詞[編集]

普 通(ふつう)

  1. 一般的に。通常では。
    そうして、普通人間の手に触れる物体自然油脂類のそういう皮膜でおおわれていて、それを完全除去するのはなかなか容易でない事が知られている。(寺田寅彦 『日常身辺の物理的諸問題』)

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

보통

  1. (日本語に同じ)広く通用する。一般的

ベトナム語[編集]

形容詞[編集]

 phổ thông

  1. (日本語語義1と同様)広く通用する。一般的な。

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: pŭtōng
  • 注音符号: ㄆㄨˇ ㄊㄨㄥ
  • 広東語: pou2tung1
  • 閩南語: phó·-thong
  • 客家語: phû-thûng

形容詞[編集]

 

  1. (日本語語義1と同様)広く通用する。例外特別ではない。一般的な。
  •  (繁): 普通話/ (簡): 普通话

類義語[編集]

対義語[編集]