出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「女」+音符「」、「臣」は、貴人の前で目を伏せた様で、貴人の前でかしこまること。「説文解字」には見えず、「康煕字典」には掲載があるものの、引用は「集韻」からのみであり稀用の文字と考えられる。現代中国語での使用例はほとんどない。
  • 日本では、「」の新字体となり、別字衝突が発生している。

意義[編集]

  1. かしこまること。
  2. (日本、「」の新字体)ひめ

日本語[編集]

発音[編集]

  • 音読み
    • 呉音 : (表外 「ひめ」の意の場合)、シン(表外 まれ、「かしこまる」の意の場合)
    • 漢音 : (表外 「ひめ」の意の場合)、シン(表外 まれ、「かしこまる」の意の場合)
  • 訓読み

名詞[編集]

  1. (日本、「」の新字体)ひめ上代日本語の和語高貴女性を指す。万葉仮名では比売と記される。
    対義語:ひこ

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]