出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「(フク)」。「复」は、「」+音符「」の形声文字で、来たものを元の方向へ「もどす」こと。更に「彳」を加えて、同じや元いた位置に「もどる」こと。
復-bronze-2.svg 復-bronze.svg復-bronze-2.svg復-bronze-3.svg復-bronze-4.svg

復-silk.svg 復-slip.svg

復-seal.svg

復-bigseal.svg
甲骨文字 金文

簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. かえるもどる
  2. かえすもどす
  3. むくいる仕返しをする。
  4. 報告する。
  5. くりかえす再びする。
  6. ふむ実行する。
  7. 六十四卦の一つ。卦の形はIching-hexagram-24.svgであり、震下坤上(しんかこんしょう)で構成される。
    w:周易上経三十卦の一覧#復も参照。

日本語[編集]

発音[編集]

副詞[編集]

接続詞[編集]

接頭辞[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]