もどる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

もとる も参照。

日本語[編集]

動詞[編集]

もどるる】

  1. 場所帰る
    1. 帰宅する。帰社する。帰参する。
  2. 方向に引き返す。
  3. 元の状態再びなる。
    1. 加工食材が水を含んだり解凍されたりして加工前の状態になる。
  4. 本来の場所や持ち主返る。話題がそれたあと元の話題に立ち返る。
  5. 下がっていた相場回復する。

活用[編集]

もど-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
もど

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 もどらない 未然形 + ない
意志・勧誘 もどろう 未然形音便 +
丁寧 もどります 連用形 + ます
過去・完了・状態 もどった 連用形音便 +
言い切り もどる 終止形のみ
名詞化 もどること 連体形 + こと
仮定条件 もどれば 仮定形 +
命令 もどれ 命令形のみ
一部の西日本方言では、連用形音便形が「もん」となる。例:もんた(もどった)、もんて(もどって)。

発音[編集]

東京アクセント[編集]
も↗ど↘る
京阪アクセント[編集]
↗もどる

関連語[編集]

翻訳[編集]