出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 形声。「」+音符「 /*PU/」。{抱 /*buuʔ/}を表す字。もと「包」が{抱}を表す字であったが[字源 1]、手偏を加えた。
  • 会意形声。「」+音符「」、「包」は「胎児)」をつつむ様であり、手で包むようにかかえること。この記述は甲骨文字金文などの資料と一致していない記述が含まれていたり根拠のない憶測に基づいていたりするためコンセンサスを得られていない。
抱-slip.svg

抱-seal.svg

抱-bigseal.svg
簡牘文字

小篆

流伝の古文字
戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 謝明文 「釈甲骨文中的“抱”――兼論“包”字」 『中国書法』2015年第22期 131-135頁。
    蔣玉斌 「殷商文字与戦国文字互証両例」 “戦国文字研究的回顧与展望”国際学術研討会、2015年12月13日。

意義[編集]

  1. だくいだくかかえる

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. いだ
  2. 養子にする
  3. (初めての子供や孫が)できる
  4. ひなかえ

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]