渉猟

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(しょうりょう)

  1. あちこち歩き、広い範囲で探し回ること。
    • シカの生息地を、シカ笛を吹きながらゆっくりと渉猟する。出現したシカを、射止める。(農林水産省『野生鳥獣被害防止マニュアル-イノシシ、シカ、サル、カラス(捕獲編)』)〔2009年〕[1]
  2. (語義1から転じて)たくさん書物読みあさること。
    • 私は詞藻の才が乏しかったから、初めから文人になれようともまたなろうとも思わなかった。が、小説雑著は児供の時から好きでかなり広く渉猟していた。(内田魯庵『二葉亭余談』)〔1916年〕[2]

動詞[編集]

サ変複合動詞 する(しょうりょう する)

活用[編集]

渉猟-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
渉猟

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 渉猟しない 未然形 + ない
否定 渉猟せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
渉猟される 未然形 + れる
丁寧 渉猟します 連用形 + ます
過去・完了・状態 渉猟した 連用形 +
言い切り 渉猟する 終止形のみ
名詞化 渉猟すること 連体形 + こと
仮定条件 渉猟すれば 仮定形 +
命令 渉猟せよ
渉猟しろ
命令形のみ

脚注[編集]

  1. 『野生鳥獣被害防止マニュアル-イノシシ、シカ、サル、カラス(捕獲編)』「第2章 捕獲に関する基礎知識」(文部科学省ホームページ) http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/h_manual/h21_03/pdf/data2.pdf 2017年12月23日参照。
  2. 青空文庫(2011年5月29日作成)(底本:「新編 思い出す人々」岩波文庫、岩波書店、2008年7月10日第3刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/000165/files/49440_43498.html 2018年2月10日参照。