出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「」、「亨」の古い字体は「」で高楼を備えた城郭の象形、城郭を「すらりと通る」ことで、熱が物によくとおること(藤堂)。白川静は、「亨」を物を煮る器の象形と説く。
  • 字源の関連付けは、参照元であるコモンズのさらに参照元であるRichard Sears氏のページCinese Etymologyに負っている。
    • ただし、小篆の字形を見ると、「𦎫」(「亨(亯)」+「」)であり「chún(同音:)」と発音する「)(音:dùn 語義は「煮る」)」の異体字となっている。
    • 説文解字には、「𦎫」は「也」即ち「」とあり、又、「烹」の異体字に「𤈽」があり、「燉」に近接してはいる。

意義[編集]

  1. 煮る
    狡兎死して走狗らる
  2. 料理
    割烹
  3. [法]釜ゆでの刑罰。

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. 炒めて調味料加え手早くかき混ぜる

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]