頓服

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(とんぷく)

  1. 解熱鎮痛などの対症療法のため、何回かに分けて連用するのではなく、症状が起きた時に一回分を服用するように薬を処方すること。
  2. 語義1のように処方した薬。頓服薬

表記[編集]

「屯服」という表記を一部で見かけるが、これは手書きする際に「頓」を「屯」と略記していた時代の名残りである。

発音[編集]

と↗んぷく

翻訳[編集]