kotan

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイヌ語[編集]

カナ表記 コタㇴ / コタン

名詞[編集]

概念形/抽象形

  1. 集落。(郷里としての)。(人間
  2. 。⇔ nupuri

所属形/具体形

例文[編集]

引用[編集]

  • aynu kotan enkasike ci=kus kor sicorpok un inkar=as ko 人間の村の上を通りながら下を眺めると (知里幸惠「アイヌ神謡集」(1922,1978))
  • iwan kotan o-ush nupuri 多くの村に跨る山 (知里真志保「アイヌ語法概説」(1936))
  • iwan kotan kama hawe a-nu-p ? ---kakkok. 多くの村を越えて遥々声の聞こえて来るものは? ---カッコウ 。 (知里真志保「アイヌ語法概説」(1936))

発音(?)[編集]

コタㇴ

関連語[編集]