出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
を 教科書体
書き順

日本語[編集]

発音[編集]

IPA: /o/又はIPA: /ɰo/

  • 歴史的には/o/音と独立に、/ɰo/音を表していたと考えられるが、近世においては区別なく前者の発音となった。現代仮名遣いにおいては助詞としてのみ用いられ、/o/音が標準とされるが、最近は却って区別して発音する人も少なくない。

助詞[編集]

  1. 目的語を表す格助詞
    1. 動作や作用の対象・目的であることを表す。
    2. 出るやそれに類する動詞で、移動の起点を表す。から
  2. 経路を表す格助詞
    1. 通過する場所を表す。
    2. 動作・作用が継続する時間・期間を表す。

用法[編集]

一つの単文の中で、は一つしか使われない。従って目的語と経路のは共存できない。


移動の起点を表すは、終点を表すと共存しない。

派生語[編集]

翻訳[編集]

同様の機能を有する語

  • ヘブライ語: את (he)
  • 朝鮮語: (ko) (ŭl)(パッチムのある場合)、 (ko) (rŭl)(パッチムのない場合)
  • スペイン語: a (es) (前置詞;目的語が人の場合のみ)
  • 北京官話:  (zh)

文字コード[編集]