出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
に 教科書体
書き順

日本語[編集]

発音[編集]

  • /ni/

名詞[編集]

  1. 運搬して移動させる目的となるもの。荷物(にもつ)
  2. 精神的な負担、負担となるもの。

成句[編集]

助詞[編集]

格助詞[編集]

  1. 三時待ち合わせをする。
  2. 場所。(現代語では、存在を表現する動詞とともに用い、単に動作が行われる場所を表現する「」と使い分ける。)
    東京住んでいた。
    ヴェニス死す(擬古的表現。現代語では「ヴェニスで死ぬ」)
  3. 帰着点方向。(多くの場合「へ」と言い換えられる。「へ」との違いはこちらを参照。「まで」は事柄などの範囲を意味する点で違いがある。なお「までに」には言い換えられない。)
    「AからBVする」(Aは起点。「Vする」は移動動詞。)の形で
    • そこ行ってきた。
      (「まで」と言い換えられる。)
    • 赴く
      (「まで」とは言い換えられない。)
    • バス乗る。(『大辞林』による。
  4. 行為の対象。相手。
    「ABCVする」(「Vする」は授与動詞。)の形で
    • この姿をあなた見せたい。
  5. 結果
    「AからBVする」「ABVする」(「Vする」は変化などを表す動詞。)の形で
    • 危篤おちいる。(この「に」は「結果」を表すとするのが『大辞泉』、「帰着点」を表すとするのが『大辞林』。)
  6. 「AB」の形で、(Aを)Bにしての略。そのような物として扱って。
    • 学生を対象心理実験を行った。 (「学生を」は動詞「行った」の目的語ではない)
    • 前年度を基準計算した。 (「前年度を」は動詞「計算した」の目的語ではない)
    • 失敗を機ますます努力した。 (「失敗を」は動詞「努力した」の目的語ではない)
    1. 本用法の「に」を用いた連語慣用句:(通常「~」の部分が省略され用いられる)恩に着る
      どうせ死ぬのだから、なまじい人の恩に着るのはかえって心苦しい。(夏目漱石『野分』 「~を」が残る)
翻訳[編集]

終助詞[編集]

  1. 現実と異なることを仮定した場合の、軽い不満を含んだ詠嘆。
    無駄遣いをしなければ、きっと買えていただろう

古典日本語[編集]

万葉仮名[編集]

名詞:古語[編集]

  1. 鉱物性の染料赤土あかつちあかに
    あをに

  1. つちに同じ。
    赤に/やほに/そほに

  1. たま。色の赤いたま。

文字情報[編集]

五十音
   
   
   
 

コード[編集]