あがなう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

あがなう【う、う】

  1. を)許してもらい、その代償として別のものを差し出す。
    • この当時神学者から見ると非常な危険思想であってその罪を贖うにはただ焚殺のあるのみと考えられたのである。(寺田寅彦『スワンテ・アウグスト・アーレニウス 』)
  2. (何かを)手に入れ、その代償として別のものを差し出す。

活用[編集]

あがな-う 動詞活用表日本語の活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
あがな

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 あがなわない 未然形 + ない
意志・勧誘 あがなおう 未然形音便 +
丁寧 あがないます 連用形 + ます
過去・完了・状態 あがなった 連用形音便 +
言い切り あがなう 終止形のみ
名詞化 あがなうこと 連体形 + こと
仮定条件 あがなえば 仮定形 +
命令 あがなえ 命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント
あ↗がな↘う

類義語[編集]

派生語[編集]

参考文献[編集]

  • 大槻文彦編、1889年~1891年『言海 日本辞書』(全4冊)、紙面4ページ、デジタル72ページ、全国書誌番号:55008098、国立国会図書館デジタルライブラリー pid 992954/72