かんがみる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

かんがみるみる】

  1. を把握する。考慮する。
    • 現状を鑑みる
    • 仰願は内海外海の竜神八部、臣が忠義を鑑て潮を万里の外に退け、道を三軍の陣に令開給へ。(太平記、第十巻 1370年)
  2. 照らし合わせ考える
    • 前例に鑑みる
    • それから衣服はどれも裾長に着て、舳へ立っている女の姿に鑑みると、足は内わで、襟を厭味でない抜き衣紋にしている。(柴田流星『残されたる江戸』「人情本と浮世絵」1911年)

活用[編集]

かんが-みる 動詞活用表日本語の活用
マ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かんが みる みる みれ みよ
みろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かんがみない 未然形 + ない
意志・勧誘 かんがみよう 未然形 + よう
丁寧 かんがみます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かんがみた 連用形 +
言い切り かんがみる 終止形のみ
名詞化 かんがみること 連体形 + こと
仮定条件 かんがみれば 仮定形 +
命令 かんがみよ
かんがみろ
命令形のみ

関連語[編集]