さびしい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

さ↗びし↘ー

京阪式アクセント[編集]

さび↘しー

形容詞[編集]

さびしいしい・しい、音韻交替形:さみしい

  1. 孤独だ。人や動物などが恋しい。(行為などが)人恋しく物足りなく感じさせる。
    • ジョバンニは、口笛を吹いているようなさびしい口付きで、檜のまっ黒にならんだ町の坂を下りて来たのでした。(宮沢賢治銀河鉄道の夜』)
    • お引越しですか。寂しくなりますね。
    • ここのところ全然連絡くれないなんて寂しいじゃないの。
  2. 場所がひっそりとしていて、人の活気が感じられない。
    • 寂しいシャッター街
  3. 物がないことなどにより落ち着かなかったり、物足りなく感じたりする。
    • 口が寂しい(=簡単な食品などを口に入れたくなる)
    • 懐が寂しい(=所持金が少ない)
  4. 数値が低いことなどにより物足りなく感じる、残念だ。
    • 打率一割五分というのは寂しい数字だ。

活用[編集]

さびし-い 形容詞活用表日本語の活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
さびし かろ
かっ
けれ (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 さびしかろう 未然形 +
否定形 さびしくない 連用形 + ない
過去・完了 さびしかった 連用形 +
言い切り さびしい 終止形のみ
名詞化 さびしいこと 連体形 + こと
仮定条件 さびしければ 仮定形 +
様態 さびしそうだ 語幹 + そうだ

関連語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]

諸言語への影響[編集]