まる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

まる【

  1. まるい
    1. ○印。「○」の記号
    2. 句点。「。」の記号。
    3. 半濁点。「゜」の記号。
    4. 数字数字を一つずつ読み上げる場合に用いる。
      • 1(いちまるいち)号室
  2. 欠けることのないこと、そのまますべて

発音[編集]

  • マ↗ル

派生語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

接頭辞[編集]

まる【

  1. 数詞に付いて、数に欠けがないことを表す。
    • 一年
  2. 名詞に付いて、完全にそのままであることを表す。
    • もうけ

接尾辞[編集]

まる

  1. 一部の形容詞の語幹につき、ラ行五段活用の自動詞を造る。

語源[編集]

  • 古典日本語の接尾辞「

関連語[編集]


古典日本語[編集]

動詞:放る[編集]

まる【る】

  1. 排泄する。
    • 麻理此二字以音散(『古事記』上巻)
      大便をし散らしたりした。
    • 屎遠麻礼 櫛造刀自(『万葉集』第16巻3832、忌部首)
      屎遠くまれ 櫛造る刀自とじ
      大便は向こうでせよ、櫛造りの主婦よ
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
まら まり まる まる まれ まれ 四段活用

関連語[編集]