めぐむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源1[編集]

古典日本語「めぐむ」(恵む) < 上代日本語「めぐし」 < 「」(目) + 「苦し」

動詞:恵[編集]

めぐむむ、む】

  1. 気の毒に思って金品与える
  2. 神仏君主自然などが人々慈悲恩恵などを与える。

活用

マ行五段活用
めぐ-む
発音[編集]
東京アクセント[編集]
め↗ぐむ
京阪アクセント[編集]
↗めぐむ
関連語[編集]

語源2[編集]

古典日本語「めぐむ」(芽ぐむ) < 「」(芽) + 接尾辞「ぐむ

動詞:芽[編集]

めぐむぐむ、む】

  1. 出し始める

活用

マ行五段活用
めぐ-む
発音[編集]
め↗ぐ↘む

古典日本語[編集]

語源1[編集]

上代日本語「めぐし」 < 「」(目) + 「苦し」

発音[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
めぐ↗む
南北朝時代[編集]
め↘ぐ↗む
室町時代以降[編集]
め↘ぐむ

動詞:恵[編集]

めぐむむ、む】

  1. (現代語に同じ)恵む。

活用

マ行四段活用
めぐ-む
諸言語への影響[編集]
  • 現代日本語: めぐむ(恵む)

語源2[編集]

」(芽) + 接尾辞「ぐむ

動詞:芽[編集]

めぐむぐむ、む】

  1. (現代語に同じ)芽ぐむ。

活用

マ行四段活用
めぐ-む
諸言語への影響[編集]
  • 現代日本語: めぐむ(芽ぐむ)