自然

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

(しぜん、古:じねん)

  1. あるがままであること。人の意思を持った行為により、変化が加えられていないこと。
    • その晩は、傍へ置いたまま、私は私で読書をはじめた。忘れてしまって身体を動かすとまた跳び込んだ。最も自然な状態で本を読んでいるところを見られてしまったのである。(梶井基次郎 『交尾』)
    • 自然な日本語文
  2. ある物事の因果やある人の行動に、不思議納得がいかないものがないこと。
    • けれ共、作品としては自然と出来上ったもので、故とらしく教訓を狙って書いたものではないが、自然と出来上った其作品の中に於て、余は如上の教訓を認め得たと云うなれば、私は作家として満足である。(夏目漱石 『予の描かんと欲する作品』)
    • 一身利害のためには主を売り友を売り妻子を売り、掠奪暴行盗賊野武士から身を起して天下を望むのが自然であるから時代道徳良識もその線に沿うてゐるのは自然である。(坂口安吾 『家康』)

類義語[編集]

語義1

語義2

対義語[編集]

語義1

語義2

翻訳[編集]

語義1

名詞[編集]

(しぜん、古:じねん)

  1. 人の社会を取り巻く、人為を介さない環境一般。
    • もしも自然というものが地球上どこでも同じ相貌を呈しているものとしたら、日本の自然も外国の自然も同じであるはずであって、従って上記のごとき問題の内容吟味は不必要であるが、しかし実際には自然の相貌が至るところむしろ驚くべき多様多彩の変化を示していて、ひと口に自然と言ってしまうにはあまりに複雑変化を見せているのである。(寺田寅彦 『日本人の自然観』)
  2. (じねん)仏教語、万物が現在あるがままに存在しているものであり、因果によって生じたのではないとする無因論のこと。仏教の因果論を否定する外道の思想のひとつ。

対義語[編集]

語義1

複合語[編集]



中国語[編集]

発音(?)[編集]

  • 普通話
    • ピンイン: zìrán
    • IPA: [ tsɨ˥˩ʐan˧˥ ]
  • 國語: ㄗˋ ㄖㄢˊ
  • 広東語: ji6yin4
  • 閩南語: chū-jiân
  • 客家語: chhṳ-yèn

名詞[編集]

自然

  1. (日本語に同じ)ありのままのもの。

形容詞[編集]

自然

  1. 自然の、自然な。

副詞[編集]

自然

  1. 自然に。

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

自然자연

  1. (日本語に同じ)ありのままのもの。

ベトナム語[編集]

名詞[編集]

自然tự nhiên

  1. (日本語に同じ)自然