出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「竝」は「(人の立った姿)」をならべて、人が同様に並ぶ様子を示した会意文字
ACC-b15309.svg 並-oracle.svg並-oracle-2.svg 並-bronze.svg

ACC-b15311.svgACC-b15312.svg 並-silk.svg

夶-ancient.svg

並-seal.svg

並-bigseal.svg
金文 甲骨文字 金文

金文 簡帛文字

古文

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. ならぶならべる

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

接尾辞[編集]

  1. (なみ) 最低限その範疇に入る程度要件は達していること。

熟語[編集]


中国語[編集]

*(簡体字:并)

副詞[編集]

  1. (「」「」など否定の副詞とともに)決して~ない。

接続詞[編集]

  1. さらに、その上。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]