出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

非-bw.png(学校で教えている筆順)
非-jbw2.png[1]

字源[編集]

  • 象形。羽が左右にそむいた形をかたどる。

意義[編集]

  1. (否定辞)~ではない。
  2. そしる(→)。
    非難
  3. 道理合わないこと。不正。非難すべきこと。
    対義字:
    是非

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. () 道理合わないこと。不正
    • 対義語:
  2. () 不利であること。うまくゆかないこと。
  3. () あやまり欠点

接頭辞[編集]

  1. () 漢語名詞形容動詞付いて、それに当たらない、それ以外である、などの意味表す

熟語[編集]

手書きの字形について[編集]

  • 第1画目の縦線は払っても軽く止めてもよい。また、第5画目の縦線は止めても抜いてもよい。[2]
  • 第4画目の横線は縦線を突き出しても接する程度でもよい。[3]

中国語[編集]

*

副詞[編集]

  1. ~しなければならない

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. (日本語に同じ)非

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

脚注[編集]

  1. 『大きな活字の楷行草筆順・字体字典』江守賢治 三省堂 1983年
  2. 『漢字指導の手びき』第四版 p.81 久米公 編著 教育出版 2000年
  3. 常用漢字表 5ページ。活字の字形についてのみ論じているように見えるが、4ページに「また,ここに挙げているデザイン差は,おおむね「筆写の楷書字形において見ることができる字形の異なり」と捉えることも可能である。」とある通り、筆写にも適用するきまりである。