六境

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search


日本語[編集]

名詞[編集]

(ろっきょう)

  1. 仏教人間認識の(客観の側の)6種の対象のこと。
しき視覚)、しょう聴覚)、こう嗅覚)、味覚)、そく触覚)、ほう知覚)の6つからなり、最初の5つを五境ごきょうという。十二処じゅうにしょ十八界じゅうはちかいの一部。
なお、六境の6つの要素認識する、主観の側の器官機能のことを六根ろっこんといい、それぞれげん視覚)、聴覚)、嗅覚)、ぜつ味覚)、しん触覚)、知覚)が対応する。

類義語[編集]