出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

小篆

流伝の古文字
説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. さかい
  2. ある特徴によって限られている土地
  3. 自己が立たされている位置

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

固有名詞[編集]

  1. (さかい) 茨城県南西部、猿島郡の
  2. (さかい) 群馬県南東部、佐波郡の

熟語[編集]

環境かんきょう 境界きょうかい 境遇きょうぐう 境地きょうち 逆境ぎゃっきょう 香境こうきょう 五境ごきょう*国境こっきょう 色境しききょう 声境しょうきょう 触境そっきょう 辺境へんきょう 秘境ひきょう 法境ほうきょう 魔境まきょう 味境みきょう 六境ろっきょう''斜体文'斜体文'斜体文'

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. (きょう)
  2. 境地

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]