出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意+(タイ、に似た獣)+。廌を追い込んで(水+去)、自由気儘にさせないの意(藤堂)。廌を水に流し神判を受けるの意(白川)。

意義[編集]

  1. のりきまり

日本語[編集]

発音[編集]

名詞: 日本語[編集]

(ほう)

  1. ある条件状況に対して、一定の結果効果が、常に発生すること。きまりのりルール
  2. 社会生活を送るならば、守らなければならない決まり。道徳しきたり
  3. (法学)社会的規範のうち、裁判の判断の基準となるもの。法律の他、諸法令慣習法自然法等を含む。
  4. (仏教)サンスクリットダルマ」(dharma)の漢訳。
  5. (言語学)動詞の文法範疇のひとつ。内容の確かさ、話者の態度などを表現する。直説法接続法もしくは仮定法命令法などがある。
  6. (数学)
    1. 計算方法、特に四則演算
    2. 剰余系において、整数 m を n で割ったとき、が q で剰余が r であるとき、即ちm = qn + r (0 ≤ r < n)が成立しているときのn。
      二つの整数 a, b において、ab が自然数 n で割り切れるとき、n を「法」として合同であるといい、
      a \equiv b \quad (\operatorname{mod} \ n) 等と書き表す。

訳語[編集]

接尾辞: 日本語[編集]

(ほう)

  1. …に関する法律
    • 商取引
  2. 方法技法
    • 勉強

熟語: 日本語[編集]

中国語[編集]

*

名詞: 中国語[編集]

  1. 法規法則

略称[編集]

法兰西法蘭西の第1字)

  1. フランスを意味する語を作る。
    法国法语

熟語: 中国語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

固有名詞: ベトナム語[編集]

  1. フランス

熟語: ベトナム語[編集]

コード等[編集]