出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

意-bronze.svg 意-seal.svg 意-bigseal.svg
金文 小篆 流伝の古文字
西周 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. おもいこころ
  2. おもうかんがえる

日本語[編集]

発音[編集]

おき(田沼意次

名詞[編集]

  1. )(特に目上の者の)意向、何かをしたいとの思い。
    • 社長のを受けて参りました。
  2. 仏教知覚機能知覚器官六根十二処のひとつ。意根いこん意処いしょに同じ(ウィキペディア「三科」も参照)。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

略称[編集]

意大利の第1字)

  1. イタリアを意味する語を作る。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

ý

  1. かんが

固有名詞[編集]

Ý

  1. イタリア

コード等[編集]

点字[編集]