対応

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

對應 および 对应 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

(たいおう)

  1. 二つある同種のものが互いに向かい合い、になっていること。
  2. 二つの物事が互いに一定の対立相当する関係にあること。
  3. 相手や周囲状況などにじて物事を行うこと。
  4. (数学) 二つの集合AとBにおいて、Aのどの要素に対してもBの要素が少なくとも1つ関連付けられていることを、AからBへの対応という。
  5. (数学) 合同図形においてある部分が重なり合うこと。相似な図形においてある部分が拡大縮小により重なり合うこと。
    • 三角形ABCと合同な三角形A'B'C'があり、線分ABに線分A'B'が対応しているものとする。

動詞[編集]

活用[編集]

対応-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
対応

する する すれ しろ
せよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 対応しない 未然形 + ない
否定(古風) 対応せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
対応される 未然形 + れる
丁寧 対応します 連用形 + ます
過去・完了・状態 対応した 連用形 +
言い切り 対応する 終止形のみ
名詞化 対応すること 連体形 + こと
仮定条件 対応すれば 仮定形 +
命令 対応しろ
対応せよ
命令形のみ

アナグラム[編集]