慷慨

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

発音[編集]

こ↗ーがい

名詞[編集]

 こうがい

  1. 社会の不正などを嘆くこと。
    • 吾々が十六七のとき文天祥正気の歌などにかぶれて、ひそかに慷慨家列伝に編入してもらひたい希望で作つたものと同程度の出来栄である。(夏目漱石 『艇長の遺書と中佐の詩』)
    • 「やりたまえじゃいけない。君もやらなくっちゃあ。――ただ、馬車へ乗ったり、別荘を建てたりするだけならいいが、むやみに人を圧逼するぜ、ああ云う豆腐屋は。自分が豆腐屋の癖に」と圭さんはそろそろ慷慨し始める。(夏目漱石 『二百十日』)
  2. 不正を正す気概に満ちていること。

動詞[編集]

慷慨する(こうがいする)

  1. 社会の不正などを嘆く

活用

サ行変格活用
慷慨-する

形容動詞[編集]

慷慨

  1. 不正を正す気概に満ちている様子。

活用

ダ型活用
慷慨-だ

中国語[編集]

動詞[編集]

 (kāng kǎi)

  1. 世の不正を嘆く。