出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」+「」、「廌(タイ、チ)」は、神判に用いる牛に似た一角の獣「解」(説文解字「獸也,似山牛,一角。古者決訟,令觸不直。」、白川静は神羊とする)。廌の属する牧草。編んでむしろ、こもを作り、神事の供物に用いた。音は、「そろった」を意味する「」「」などに通じる。

意義[編集]

  1. 牧草の一種。
  2. くさよもぎ(=)。
  3. こもむしろ
  4. (動詞)むしろを敷く。
  5. 供物、献上品。
  6. (動詞)供物を捧げる。
  7. 挙げすすめる
  8. (同音「」の用法)しきりに

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]