出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。「雚」は「」+音符「」(ケン。「口々に話す」の意をもつ「」の原字)。ものをそろえて見渡すの意。

意義[編集]

  1. みる
    1. よく見る。細かく見る。
    2. 広く見る。見渡す
    3. ながめる見物する。
    4. かんがみる
  2. しめすみせる
    • 艦式
  3. ありさま様子
    1. ながめ
      • 、奇
    2. 姿形。また、態度
  4. 見方考え
    • 、人生
  5. かんがえる研究する。
  6. 六十四卦の一つ。卦の形はIching-hexagram-20.svgであり、坤下巽上(こんかそんしょう)で構成される。
    w:周易上経三十卦の一覧#観も参照。

日本語[編集]

発音[編集]

接尾辞[編集]

  1. (カン)ものの見方、もとは仏教におけるものを言ったが、現在では、広くある思想体系に基づくものを言う。

熟語[編集]

中国語[編集]

/参照

朝鮮語[編集]

参照

ベトナム語[編集]

参照

コード等[編集]

点字[編集]