око

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウクライナ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

発音[編集]

名詞[編集]

о́ко (óko) 中性 不活動体 (生格 о́ка (óka), 主格複数 о́чі (óči), 生格複数 оче́й (očéj))

  1. (解剖学)

格変化[編集]

テンプレート:uk-ndecl

名詞[編集]

о́ко (óko) 中性 不活動体 (生格 о́ка (óka), 主格複数 о́ка (óka), 生格複数 ок (ok))

  1. (古・廃) おもさの単位。(約1.2kg)
  2. (古・廃) アルコール飲料目安。(約1L〜1.5L)

格変化[編集]

テンプレート:uk-ndecl


古代教会スラヴ語[編集]

異表記・別形[編集]

ꙫчи (oči)
ꙭчи (oči)

語源[編集]

スラヴ祖語 *ȍko < バルト・スラヴ祖語 *ak- < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

око (oko) 中性

  1. (解剖学)
  2. 視覚

格変化[編集]

окоの語形変化 単数 双数 複数
主格 око очи очеса
対格 око очи очеса
属格 очесе, ока очью, очию очесъ
処格 очесе, оцѣ, очеси очью, очию очесьхъ
与格 очеси, окоу очима очесьмъ
具格 очесьмь, окомь очима очесꙑ
呼格 око очи очеса

参照[編集]


古東スラヴ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

око (oko) 中性

  1. (解剖学)

セルビア・クロアチア語[編集]

発音[編集]

語源1[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

о̏ко 中性 (ラテン文字 ȍko)

  1. (解剖学)
格変化[編集]

語源2[編集]

前置詞[編集]

о̏ко (ラテン文字 ȍko) (+ 生格で)

  1. ...のあたりに。
  2. ...について
  3. およそほぼ

ブルガリア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

発音[編集]

名詞[編集]

око́ (okó) (形容詞 о́чен (óčen))

  1. (解剖学)

格変化[編集]


マケドニア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

発音[編集]

名詞[編集]

око (oko) 中性 (複数 очи (oči))

  1. (解剖学)

格変化[編集]

テンプレート:mk-decl-noun-око


ルシン語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

око (oko)

  1. (解剖学)

ロシア語[編集]

語源[編集]

古東スラヴ語 око (oko) < スラヴ祖語 *oko < バルト・スラヴ祖語 *ak- < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

同系語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

о́ко (óko) 中性 不活動体 (生格 о́ка (óka), 主格複数 о́чи (óči), 生格複数 оче́й (očéj))

  1. (古用法, 詩的表現, 文語) 。(ことわざ等に用いられる)
    • О́ко за о́ко, зуб за зуб.Óko za óko, zub za zub.
      にはを、歯には歯を。「ハンムラビ法典」
    類義語: глаз 男性 (glaz) (こちらの方がより一般的)

格変化[編集]

関連語[編集]