око

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウクライナ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

発音[編集]

  • IPA(?): /ˈɔkɔ/ :

名詞[編集]

о́ко (óko) 中性 不活動体 (生格 о́ка (óka), 主格複数 о́чі (óči), 生格複数 оче́й (očéj))

  1. (解剖学)

格変化[編集]

名詞[編集]

о́ко (óko) 中性 不活動体 (生格 о́ка (óka), 主格複数 о́ка (óka), 生格複数 ок (ok))

  1. (古・廃) おもさの単位。(約1.2kg)
  2. (古・廃) アルコール飲料目安。(約1L〜1.5L)

格変化[編集]


古代教会スラヴ語[編集]

異表記・別形[編集]

ꙫчи (oči)
ꙭчи (oči)

語源[編集]

スラヴ祖語 *ȍko < バルト・スラヴ祖語 *ak- < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

око (oko) 中性

  1. (解剖学)
  2. 視覚

格変化[編集]

参照[編集]


古東スラヴ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

око (oko) 中性

  1. (解剖学)

セルビア・クロアチア語[編集]

発音[編集]

  • IPA(?): /ôko/
  • 分綴: о‧ко

語源1[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

о̏ко 中性 (ラテン文字 ȍko)

  1. (解剖学)
格変化[編集]

語源2[編集]

前置詞[編集]

о̏ко (ラテン文字 ȍko) (+ 生格で)

  1. ...のあたりに。
  2. ...について
  3. およそほぼ

ブルガリア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

発音[編集]

名詞[編集]

око́ (okó) (形容詞 о́чен (óčen))

  1. (解剖学)

格変化[編集]


マケドニア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

発音[編集]

名詞[編集]

око (oko) 中性 (複数 очи (oči))

  1. (解剖学)

格変化[編集]

テンプレート:mk-decl-noun-око


ルシン語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *oko < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

名詞[編集]

око (oko)

  1. (解剖学)

ロシア語[編集]

語源[編集]

古東スラヴ語 око (oko) < スラヴ祖語 *oko < バルト・スラヴ祖語 *ak- < 印欧祖語 *h₃ekʷ-

同系語[編集]

発音[編集]

  • IPA(?): [ˈokə]
    カナ表記例: 「カ」
  • 分綴: о‧ко

名詞[編集]

о́ко (óko) 中性 不活動体 (生格 о́ка (óka), 主格複数 о́чи (óči), 生格複数 оче́й (očéj))

  1. (古用法, 詩的表現, 文語) 。(ことわざ等に用いられる)
    • О́ко за о́ко, зуб за зуб.Óko za óko, zub za zub.
      にはを、歯には歯を。「ハンムラビ法典」
    類義語: глаз 男性 (glaz) (こちらの方がより一般的)

格変化[編集]

関連語[編集]