あはれ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典日本語[編集]

感動詞[編集]

あはれ

  1. 深く感動した時に発する語。あああれ

形容動詞[編集]

あはれ

  1. しみじみとした風情がある。
  2. しみじみとこころうごかされる。
  3. かわいいいとしい。
  4. 気の毒だ。
  5. さびしい。
  6. がたい。とうとい。
基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の種類
あはれなり あはれ -なら -なり -なり -なる -なれ -なれ ナリ活用
-に

名詞[編集]

あはれ

  1. しみじみとした風情。
  2. 寂しさ。
  3. 愛情人情好意

発音[編集]

三拍名詞五類

平安時代[編集]
あふぁ↗れ
南北朝時代[編集]
あ↘わ↗れ
室町時代以降[編集]
あ↘われ

派生語[編集]

諸言語への影響[編集]