しも

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞:方向[編集]

しも

  1. (造語成分としても機能)方向表現で、ある観測点を通過する一方向の運動を想定するときに、観測点から遠ざかっ位置
    1. 遠方のもの。
    2. 日本の演劇の舞台において観客席から見て左側。
  2. 順序がのもの。
  3. 身分の低い者、特に庶民
  4. 排泄行為の婉曲表現。

類義語[編集]

語義1

対義語[編集]

名詞:気象[編集]

草に付いた霜

しも(【】)

  1. 冷却された物質表面に凝結し付着した空気中の水分や、物質に含まれていた水分の析出したものが、物質温度の低下により氷結したもの。

関連語[編集]

翻訳[編集]


助詞[編集]

しも

  1. (強調の副助詞「」+係助詞「」)打ち消し表現と呼応して、部分否定表現を作る。

関連語[編集]