出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。「冬」は貯蔵用の食べ物の象形で、それから、それを必要とする「ふゆ」を意味するようになった。冬は年の「おわり」であり、終は糸巻きに最後まで巻き付けるの意(藤堂)。
終-oracle.svg 終-bronze.svg 終-bronze-spring.svg 終-bronze-warring.svg 終-silk.svg終-silk-2.svg 終-slip.svg 終-ancient.svg

終-seal.svg

終-bigseal.svg
甲骨文字 金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字 古文

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. おわりしまい
  2. (自動詞)おわる。(他動詞)おえるしまう

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*:簡体字 

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]