たのしみ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

たのしみ

  1. たのしむ」の連用形。

名詞[編集]

たのしみしみ】

  1. 楽しいじる対象。
    • 制作は、苦しみの中に強く楽しみを 捜しています。(上村松園 『苦楽 ある人の問いに答えて――絵を作る時の作家の心境について私はこう考えています。』)
  2. 期待して心待ちにすること。
    • 久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。(太宰治 『走れメロス』)

発音[編集]

た↗のし↘み
た↗のしみ↘

類義語[編集]

形容動詞[編集]

  1. 楽しい
    • 爽かな朝風に、波のように蚊帳が吹き上っていて、まことに楽しみな朝の寝ざめなり。(林芙美子 『新版 放浪記』)
    • 僕達は先生と一緒に弁当をたべましたが、その楽しみな弁当の最中でも僕の心はなんだか落着かないで、その日の空とはうらはらに暗かったのです。(有島武郎 『一房の葡萄』)
  2. 期待して心待ちである状態。
    • 私は、あなたのお母さんを、うらやましく思います。こんな立派なお子さんがおありだと、どんなに楽しみな事でしょう。それに較くらべてハムレットは、もう私は、あんな具合だと末の見込みも無いような気がします。(太宰治『新ハムレット』)

活用

ダ型活用
たのしみ-だ