ほる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞: 掘る・彫る[編集]

  1. る】などの凹みを作る。
    • 庭を掘ったら財宝が出てきた。
  2. 【掘る】埋まっているものを取り出す。
    • 芋を掘る
  3. 【掘る】(俗語、主に受け身の形で)自動車などの乗り物が別の乗り物の後部衝突する。
  4. 【掘る】(俗語、主に受け身の形で)男性が他の男性に肛門性交を強いる。
    • おかまを掘られる
  5. る】木や石などを削って造形する。
    • 仏像を彫る
  6. 【彫る】いれずみを描く。
    • 彼の肩には桜吹雪の入れ墨が彫ってあった。

活用[編集]

ほ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ほらない 未然形 + ない
意志・勧誘 ほろう 未然形音便 +
丁寧 ほります 連用形 + ます
過去・完了・状態 ほった 連用形音便 +
言い切り ほる 終止形のみ
名詞化 ほること 連体形 + こと
仮定条件 ほれば 仮定形 +
命令 ほれ 命令形のみ

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞: 放る[編集]

ほるる】

  1. (方言、主に関西)捨てるほうる

活用

ラ行五段活用
ほ-る

類義語[編集]

古典日本語[編集]

動詞: 欲る[編集]

ほるる】

  1. 欲する

活用

ラ行四段活用
ほ-る

動詞: 惚る[編集]

ほるる】

  1. ぼんやりする。

活用

ラ行下二段活用
ほ-る

発音(連体形)[編集]

三拍動詞一類

平安時代[編集]
↗ふぉるる
江戸時代[編集]
↗ほるる