なげる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

なげるげる】

  1. (他動詞) に持った勢いを与えて放つ投ずる投じる
    • バレーのボールが飛んで来る。節子それを拾って投げる。とたんに作業開始のベル。(織田作之助「四つの都」)〔1944年〕[1]
  2. (他動詞) 取り組んでいる物事を諦める
    • 『為方がない、交際だもの。』と投げる様に言つて、敷居際に腰を下した。(石川啄木「鳥影」)〔1908年〕[2]
    • 豊島大将を始め至って弱気ですぐ投げたり諦めたりしてしまうから、他流試合には全然ダメで、勝つのは尾崎と僕だけだ。(坂口安吾「文人囲碁会」)[3]
  3. (他動詞) 無形のものを発する
    • 自分の生活に向って、俺の知ったことか! という言葉を投げる者は、既にもう救われざる破滅に陥っているのである。(豊島与志雄「生活について」)〔1924年〕[4]
    • ファニーは父の方に訴えるような眼つきを投げたが、とうとう従順に母の膝に頭を埋めた。(有島武郎「フランセスの顔」)〔1916年〕[5]
    • 松杉楢などの疎に生えた林の中には、落ちかかった斜陽が微な光を投げていた。(田中貢太郎「藤の瓔珞」)[6]
  4. (北海道、東北地方の方言)捨てる

活用[編集]

な-げる 動詞活用表日本語の活用
ガ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
げる げる げれ げよ
げろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 なげない 未然形 + ない
意志・勧誘 なげよう 未然形 + よう
丁寧 なげます 連用形 + ます
過去・完了・状態 なげた 連用形 +
言い切り なげる 終止形のみ
名詞化 なげること 連体形 + こと
仮定条件 なげれば 仮定形 +
命令 なげよ
なげろ
命令形のみ

類義語[編集]

対義語[編集]

複合語[編集]

慣用句[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

語義2

[編集]

  1. 青空文庫(2013年5月10日作成)(底本:「俗臭 織田作之助[初出]作品集」インパクト出版会、2011年5月20日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000040/files/53807_50753.html 2019年7月30日参照。
  2. 青空文庫(2008年10月22日作成、2018年11月6日修正)(底本:「石川啄木全集 第三巻 小説」筑摩書房、1993年5月20日初版第7刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/46947_33291.html 2019年7月30日参照。
  3. 青空文庫(2007年5月5日作成)(底本:「坂口安吾全集 06」筑摩書房、1998年7月20日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42831_26848.html 2019年7月30日参照。
  4. 青空文庫(2005年12月7日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第六巻(随筆・評論・他)」未来社、1967年11月10日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42489_21117.html 2019年7月30日参照。
  5. 青空文庫(2019年2月22日作成)(底本:「生まれ出づる悩み」角川文庫、角川書店、1980年11月10日改版22版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000025/files/56503_67321.html 2019年7月30日参照。
  6. 青空文庫(2012年3月8日作成)(底本:「日本怪談大全 第一巻 女怪の館」国書刊行会、1995年7月10日初版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000154/files/52257_47300.html 2019年7月30日参照。