やま

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞: 山[編集]

やま

  1. 地形の呼称で周囲よりも高く盛り上がった土地山岳
  2. 語義1状のもの。特にものを集め積み重ねたものをいう。
    • 君の部屋は、ごみのだね。
  3. 山場の略)物事の絶頂、肝心な個所。ピーク
    • 病状は、やまを越えたようだ。
  4. 山勘の略語)根拠のない見込み
    • この間の試験は、見事にが当たった。
  5. まつり山車だしなどの略称・通称。
  6. 麻雀牌を積み並べたもの。壁牌(ピーパイ)ともいう。

語源[編集]

古典日本語「やま」 < 日本祖語 *yama

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
や↗ま↘
京阪式アクセント[編集]
や↘ま

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1:

語義2:

名詞: 矢間[編集]

やま

  1. 甲冑の可動部などの、やが突き通る隙間。
  2. 矢を射るため城壁に穿った穴。矢狭間

動詞[編集]

やま

  1. やむ」の未然形。

同音異義語[編集]

やま


古典日本語[編集]

語源[編集]

日本祖語 *yama

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]

↘やま

南北朝時代以降[編集]

や↘ま

名詞[編集]

やま

  1. (地形)やま。
  2. 比叡山。また、延暦寺
  3. (庭園の)築山つきやま
  4. かさなっていること。また、そのもの。
  5. 天皇はかみささぎ

琉球語[編集]

語源[編集]

琉球祖語 *yama < 日本祖語 *yama

名詞[編集]

やま

  1. はやし山林

接頭辞[編集]

やま

  1. 野生の意を表す接頭辞。野良のら