出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。取っ手のついた刃物又は農具を象る。農具で土を押し退けること。「」の原字。「」は土を押し退けること。自称に用いたのは音を借りたもの。又、押し退けられた土から「あまり」という意味にもなった。
余-oracle.svg 余-bronze.svg ACC-b01105.svg ACC-b01109.svgACC-b01124.svg 余-silk.svg余-silk-2.svg 余-slip.svg

余-seal.svgACC-s00800.svg

余-bigseal.svg
甲骨文字 金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. (古語。周代)われ。第一人称主格。
  2. (「」の代用)あまるあまり

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

代名詞[編集]


注意[編集]

われ」の意味の時に「」を使うのは誤り。新字体はを統一したもので、代名詞は元々であった。

× 満足だ。

接尾辞[編集]

類義語[編集]


熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]