あまり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

あまりり、り】

  1. 余ったもの。あぶれたもの。
  2. 割り算に於いて、割り切れずに残っ
    5割る2は2余り1
  3. ある事態程度甚だしいため、さらなる事態を引き起こすこと。
    感激あまり、涙が出てきた。
    驚き余り言葉が出てこない。

発音[編集]

語義1,2
あ↗まり↘
語義3
あ↘まり、あ↗まり

語源[編集]

関連語[編集]

形容動詞[編集]

あまりり、り】

  1. 程度甚だしいさま。自分予想超えているさま。
    余り美しさ息を呑む
  2. 様子とても酷いさま。
    その仕打ち余りだ。

活用[編集]

ダ型活用
あまり-だ

発音[編集]

あ↗まり↘

関連語[編集]

副詞[編集]

あまりり、り】

  1. たくさん超して。
    余り寝過ぎる遅刻する。
  2. 予想よりも良くないさま。(後ろ否定伴って言う
    余り美味しくない。

発音[編集]

あ↗まり

関連語[編集]

接尾辞[編集]

あまりり、り】

  1. 数量表す付いて、それより少し多いことを表す
    十年余り
  2. 数詞付いて、後ろ数詞加わることを表す
    十日とおか余り三日みっか (13日)
    三十年みそとせ余り七年ななとせ (37年)