あまり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

あまりり、り】

  1. 余ったもの。あぶれたもの。
  2. (数学) 自然数または整数の範囲内で行う割り算に於いて、割り切れずに残っ剰余
    • 5割る2は2余り1
  3. 程度甚だしいこと。自分予想超えていること。
  4. (「あまり」「あまりに」の形で接続助詞的に)ある事態程度甚だしいため、さらなる事態を引き起こすこと。

発音[編集]

語義1,2,3
あ↗まり↘
語義4
あ↘まり、あ↗まり

語源[編集]

関連語[編集]

形容動詞[編集]

あまりり、り】

  1. 程度甚だしいさま。自分予想超えているさま。
  2. 様子とても酷いさま。あんまり

発音[編集]

あ↗まり↘

活用[編集]

あまり-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
あまり だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 あまりだろう 未然形 +
過去・完了 あまりだった 連用形 +
否定形 あまりでない 連用形 + ない
自動詞化 あまりになる 連用形 + なる
言い切り あまりだ 終止形のみ
名詞化 あまりなこと 連体形 + こと
仮定条件 あまりならば 仮定形 +
様態 あまりそうだ 語幹 + そうだ

関連語[編集]

副詞[編集]

あまりり、り】

  1. たくさん超して。
    • 余り寝過ぎる遅刻する。
    • 「どうするも何もない、坊主にするだけだ。坊主にされて今のような立派な男になるには二年ばかり手間が掛るだろう。往生しろと云て、髻を捕えて鋏をガチャ/\云わせると、当人は真面目になって手を合せて拝む。そうすると共謀者中から仲裁人が出て来て、「福澤、余り酷いじゃないか。「何も文句なしじゃないか、坊主になるのは約束だと問答の中に、(福澤諭吉『福翁自伝』)
  2. 予想よりも良くないさま。(後ろ否定伴って言う

発音[編集]

あ↗まり

関連語[編集]

接尾辞[編集]

あまりり、り】

  1. 数量表す付いて、それより少し多いことを表す
  2. 数詞付いて、後ろ数詞加わることを表す
    • 十日とおか余り三日みっか (13日)
    • 三十年みそとせ余り七年ななとせ (37年)

動詞[編集]

あまり

  1. あまる」の連用形。

古典日本語[編集]

名詞[編集]

あまりり】

  1. 余分あまったもの。
  2. 限度すこと。

発音[編集]

三拍名詞四類

平安時代[編集]
↘あまり
南北朝時代以降[編集]
あま↘り

副詞[編集]

あまり【余り】

  1. 度を超して。非常に。
  2. (下に打消の語を伴って)たいして。それほど。

接尾辞[編集]

あまり【余り】

  1. (現代語に同じ)〜あまり。

沖縄語[編集]

名詞[編集]

あまり

  1. 天女地上りてくること。

類義語[編集]