出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形』、『指事』、『会意』、『形声』、『会意形声
    • 庶は、广と廿と火とに従う、广は厨房、廿は鍋など烹炊に用いる器。その下に火を炊いて器中のものを烹炊し、煮ることを意味する字で、の本字である(白川)。

意義[編集]

  1. にえるにる

日本語[編集]

発音[編集]

  • 音読み
  • 訓読み
    • 常用漢字表内
      常用漢字表内の訓読みはありません。


熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]