断章取義

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(だんしょうしゅぎ)

  1. 他人の言葉や文章の一部分のみを引用し、自分の都合の良いように解釈すること。
    • その講ずるところの書は翻訳書を用い、足らざるときは漢書をも講じ、ただ字義を説くにあらず、断章取義、もって文明の趣旨を述ぶるを主とせり。(福沢諭吉 『京都学校の記』)