出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意形声。「」+音符「」。「我」はのこぎりであり、羊を神などに供える(「」)ためのこぎりできちんと分けること。「きちんと分ける」こと又は「神に捧げられたもの」の意から、「ただしい」の意が生じた。
義-oracle.svg 義-bronze.svg 義-seal.svg 義-bigseal.svg
甲骨文字 金文 小篆 流伝の古文字
西周 説文
(漢)
《六書通》
(明)

派生字[編集]

「ただしい」、「筋目だった」の意を持つ会意形声文字。

  • : 筋目だった人の行為
  • :
  • : 正しく分けられた家畜。
  • : 正しい言説

意義[編集]

  1. ただしい行状良い
    • 正義義理(日漢異義)
      • 類義字:
      • 対義字:(よこしま。心や行状が悪い)
    1. 儒教における、「」と並ぶ徳目
  2. 言葉に含まれる意味
  3. 本来のものではないが、社会的約束によりそのようになったもの。
  4. 本来のものではないが、仮にそのようになったもの。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. 儒教徳目のひとつ。孔子が重視した「」に次ぐものとして孟子により強調される。仁が社会一般における普遍的な道徳観であるのに対して、義は個別具体的な行為に対して正しくむくいること(恩義:に対し正しく報いること、義務 等)を重視する。
  2. )キリスト教の概念で、「」に対立する概念。ギリシア語ディカイオシュネー(Δικαιοσυνη)、ラテン語ユスティティア(justitia(iustitia))の訳。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]