梟雄

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

 きょうゆう

  1. 残忍強い英雄。「梟」は「猛々しい」「悪くて強い」の意。

発音[編集]

きょ↗ーゆー

出典[編集]

三国志巻54・「呉書」周瑜魯粛呂蒙伝第9・周瑜伝

【白文】
備詣京見權、瑜上疏曰、「劉備以梟雄之姿、而有關羽張飛熊虎之將。必非久屈爲人用者(略)」。
【訓読文】
、京にまうまみゆるに、上疏して曰く、「劉備、梟雄姿以て関羽張飛熊虎有り必ず久しく屈して用ゐるところと為る非ず(略)」と。
【現代語訳】
劉備が京(の都・鎮江)に参上して孫権に目通りした際、周瑜は上書して言った、「劉備は梟雄としての趣を備え、しかも関羽や張飛といった勇猛な将を抱えております。決していつまでも膝を屈して他人に使役されるような者ではございません(略)」。

関連語[編集]