機械加工

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

機械加工(きかいかこう)

  1. 工作機械を用いた材料加工除去加工変形加工付加加工などに大別される。
  2. 切削研削研磨などのような材料の除去を行い、を作る加工[1][2]。一般的に、こちらの語義を指す[3]。定義1.のうち、除去加工。
    • イについては、鋳造、成形、機械加工、焼結などの主な加工方法の原理と方法を扱うこと。(文部科学省『高等学校学習指導要領』)〔1999年〕[4]
    • 同コースは、全国の事業所から選抜された受講者に対して、5か月間、溶接、機械加工、塗装、産業用ロボットの動かし方等に関して基本的な知識や技能を習得させるカリキュラムとなっており、2016年2月までに5期58名が受講した。(経済産業省「2016年版ものづくり白書」)〔2016年〕[5]

下位語[編集]

翻訳[編集]

(語義2)

動詞[編集]

機械加工-する(きかいかこう-する)

  1. 切削研削研磨などによって材料の除去を行い、を作る。
    • プレカット工場では、部材となる製材品、集成材、合板等の材料を工場で機械加工することによって、プレカット材を生産する。(林野庁「平成29年度 版森林・林業白書」)〔2017年〕[6]
    • 試験用金型の主型は、伝熱性が良好な鋳鉄製金型を用いることとし、模型・鋳型を製作して鋳造した後、機械加工して製作した。(中小企業庁「薄肉・高強度・高靱性アルミニウム合金鋳物製造のための多機能グラビティー複合金型鋳造システムの研究開発」)〔2016年〕[7]

活用[編集]

翻訳[編集]


[編集]

  1. 朝倉健二・橋本文雄、1995、『機械工作法I』改訂版、共立出版、p. 3
  2. 田中和明、2008、『図解入門 よくわかる 最新金属加工の基本と仕組み』第1版、秀和システム、p. 150
  3. 『機械工学事典』日本機械学会、丸善、2007年、第2版、268頁。ISBN 978-4-88898-083-8
  4. 『高等学校学習指導要領』文部省告示第五十八号(文部科学省ホームページ) http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19990329001/k19990329001.html 2019年3月6日参照。
  5. 『2016年版ものづくり白書』(経済産業省ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2016/html/honnbunn/102011.html 2020年4月12日参照。
  6. 『平成29年度 版森林・林業白書』(農林水産省ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 https://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/29hakusyo_h/all/chap4_2_6.html 2020年4月12日参照。
  7. 委託者 北海道経済産業局、委託先 株式会社北海道二十一世紀総合研究所『平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業(第3次補正予算)「薄肉・高強度・高靱性アルミニウム合金鋳物製造のための多機能グラビティー複合金型鋳造システムの研究開発」研究開発成果等報告書』平成25年3月(中小企業庁ホームページ)政府標準利用規約(第2.0版)公開 http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa201601/detail/1374445.htm 2018年1月27日参照。