出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。多足の虫を象る[字源 1]。{ /*gu/}を表す字。のち仮借して{求 /*gu/}に用いる。
  • 象形。かわごろもを腰で締める様子、又は丸めて運ぶこと。「」の原字。皮衣をぎゅっとまとめる。「まとめる」ことから、自分の下に引き寄せるなどの意が生じた。この記述は甲骨文字金文などの資料と一致していない記述が含まれていたり根拠のない憶測に基づいていたりするためコンセンサスを得られていない。
求-oracle.svg 求-bronze.svg

求-seal.svg

求-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 唐蘭 『中国文字学』 上海開明書店、1949年、64-65頁。
    裘錫圭 「釈“求”」 『古文字研究』第15輯 中華書局、1986年、195-206頁。
    張世超、孫凌安、金国泰、馬如森 『金文形義通解』 中文出版社、1996年、2090-2094頁。
    季旭昇撰 『説文新証』 芸文印書館、2014年、896-897頁。

関連字[編集]

」を音符とする形声文字 (諧声域=*KU)
見母 溪母 匣母 影母 曉母
一等 平声 豪韻
上声 皓韻
去声 號韻
入声 沃韻
見母 溪母 匣母 影母 曉母
二等 平声 肴韻
上声 巧韻 -
去声 效韻
入声 覺韻
見母 溪母 群母 影母 曉母
三等A 平声 尤韻 (虞韻: 𧚍𡨃𧒔
絿𩒮𥭑𧻱
上声 有韻
去声 宥韻 𧧷 -
入声 屋韻
見母 溪母 群母 影母 曉母
三等B 平声 脂韻 (幽韻:𤙠
上声 旨韻
去声 至韻 -
入声 屋韻

意義[編集]

  1. まとめる、ひきよせる。
  2. ~するようもとめる
  3. ~をほしがる

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. 頼む依頼する。
  2. ~するよう求める
  3. ~をほしがる

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]