出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形説。動物の足跡を象ったもの。説文解字に「獸足謂之番。从釆田、象其掌。」とある。「」の原字。
  • 会意形声説。「田」+音符「」。「釆」は「米」を手でまく様で、「」の原字。

意義[編集]

  1. 順序だてたものの中で順序が到来すること。
  2. (「」の代字)外国の。


日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. バン
    1. 順序だてたものの中で順序が到来すること。
      「さあ今度は母様のだよ。母様何かお噺」(竹久夢二 『少年・春』)
    2. 見張ること、または見張り
      犬はそのまま夕方まで肉屋の店先で番をしました。(鈴木三重吉 『やどなし犬』)
  2. つがい)二個で一組となるもの。

接尾辞[編集]

  1. バン)数字について順番を示す。
  2. バン)ある場所にじっといて、見守る人。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

量詞[編集]

  1. ひとしきりの動作に用いる量詞

動詞[編集]

  1. (広東語)もどる、かえ

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 順序だてたものの中で順序が到来すること。

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]