出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意甲骨文字は「」+「(除草に用いる石器)」+「(石器を持つ手)」、農地を除草する様子[字源 1]。{ /*nooks/}および{農 /*nuung/}を表す字。金文において「」の追加・「林」の省略・「辰」の「䢅」への繁化があり、楷書では「𦥑」+「田」が「曲」となる。
農-oracle.svg 農-bronze.svg

農-seal.svg

農-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)
  1. 裘錫圭 「甲骨文中所見的商代農業」 『古文字論集』 裘錫圭、中華書局、1992年、165-167頁。
    蘇建洲 『新訓詁学』 上海古籍出版社、2020年、206頁。

関連字[編集]

」「」を音符とする形声文字 (諧声域=*NOK~*NUNG)
泥母 泥母
一等 平声 東韻 - 平声 冬韻 𨑋𩟊𩅽𧗕
(豪韻:𤣜
上声 董韻 𨑊 上声 腫韻 -
去声 送韻
(候韻:
去声 宋韻 -
入声 屋韻 - 入声 沃韻
娘母 娘母
二等 平声 江韻 𦗳𣰊𩟊𪆯 (肴韻:
上声 講韻
去声 絳韻
入声 覺韻
日母 日母
三等A 平声 鍾韻 平声 東韻
上声 腫韻 上声 董韻 -
去声 用韻 𩼅 去声 送韻 -
入声 燭韻 𪑾𩱨 入声 屋韻
娘母 娘母
三等B 平声 鍾韻 𨑊𪒬𨲳 平声 東韻 -
上声 腫韻 - 上声 董韻 -
去声 用韻 去声 送韻 -
入声 燭韻 - 入声 屋韻

意義[編集]

  1. 作物を栽培するために、土地を耕す。
  2. 土地に働きかけ、動植物を肥育すること。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

  1. (ノウ)農業。
    • 農は国の本

熟語[編集]


中国語[編集]

*(簡体字;

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]