金星

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

固有名詞:惑星[編集]

金星
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア金星 の記事があります。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア金星 (占星術) の記事があります。

【きんせい】

  1. 太陽系太陽に二番目に近い惑星。明け方東の空に見える金星を明けの明星、夕方西の空に見える金星を宵の明星と呼ぶこともある。
  2. 占星術における惑星のひとつ。金牛宮天秤宮守護星

発音[編集]

きんせー
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/

翻訳[編集]


関連語[編集]

日本語の太陽系天体
太陽 水星 金星 地球 火星 木星 土星 天王星 海王星

名詞:連珠[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア連珠 の記事があります。

(きんせい)

  1. 連珠で、三手目までを図のように置いた時の珠形
Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go w2.svg Go .svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go b1.svg Go .svg Go b3.svg
Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg

関連語[編集]

名詞:相撲[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア金星 (相撲) の記事があります。

(きんぼし)

  1. 相撲で、平幕力士横綱勝利したときの勝ち星

関連語[編集]

中国語[編集]

固有名詞[編集]

  1. 太陽系太陽に二番目に近い惑星

発音[編集]

朝鮮語[編集]

固有名詞[編集]

  1. 太陽系太陽に二番目に近い惑星