たま

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

たまー も参照。

日本語[編集]

名詞:玉・球・珠・弾[編集]

たま

  1. 丸い物。球状の物。
    1. 球形しずく
    2. 丸められた物、また球状まとめられた物。
    3. 球技などで使用するボール
    4. 眼鏡めがねカメラなどのレンズ
    5. 電球。
    6. そろばん刺さっ。そろばん玉。
    7. 弾丸
    8. 硬貨
      • 一円
    9. 玉子
      • うどん。
  2. 丸く美しい宝石
    1. これが転じて、貴重価値があるもの。美しく綺麗なもの。
  3. 綺麗女性。転じて遊女芸者
  4. その人の決めつけるときにあざけって言う語。
    • たいしただ。

発音[編集]

た↗ま↘

複合語[編集]

翻訳[編集]

名詞:偶・適[編集]

たま

  1. (「たまの」「たまに」の形で)あまりないさま。頻度が小さく不定期であるさま。
    • たま休みたまに帰る。
    • たまにはやる気を出せ。

発音[編集]

た↗ま

口語では強調して た↗まー と発音することがある。

関連語[編集]

形容動詞[編集]

たま

たま-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
たま だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 たまだろう 未然形 +
過去・完了 たまだった 連用形 +
否定形 たまでない 連用形 + ない
自動詞化 たまになる 連用形 + なる
言い切り たまだ 終止形のみ
名詞化 たまなこと 連体形 + こと
仮定条件 たまならば 仮定形 +
様態 たまそうだ 語幹 + そうだ

名詞:霊・魂・魄[編集]

  1. たましい万物宿り働きつかさどる考えられるもの。霊魂
    • 送り

語源[編集]

古典日本語たま」(魂) < 日本祖語 *tama

発音[編集]

た↘ま

関連語[編集]

接頭辞[編集]

たま【玉】

  1. 高貴なものを称えていう。
  2. 玉のように美しく綺麗
  3. 丸いもの。

沖縄語[編集]

名詞[編集]

たま

  1. 玉。まるいもの。
  2. 宝玉宝石
  3. ガラス

副詞[編集]

たま

  1. たままれ

古典日本語[編集]

名詞:玉[編集]

たま

  1. 宝玉宝石
  2. 真珠
  3. ちいさくまるいもの。
  4. うつくしいものの形容。

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]
↘たま
南北朝時代以降[編集]
た↘ま

名詞:魂[編集]

たま

  1. たましい霊魂

語源[編集]

日本祖語 *tama

接頭辞[編集]

たま

  1. 美しい」「優れている」意を表す。