いたむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「いたむ」 < 「いた」(甚)

動詞:痛[編集]

いたむむ、む】

  1. (痛)痛い状態になる。痛みを感じる。うずく
  2. (痛)金銭的に負担になる。
    • 懐が痛む。
  3. (傷)損傷受ける劣化したり荒れたり傷がついたりする。
    • 床が傷む。
    • いたんだ髪。
  4. (傷)食品腐る

活用

マ行五段活用
いた-む

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
い↗た↘む
京阪式アクセント[編集]
↗いたむ

動詞:悼[編集]

いたむむ】

  1. 人の悲しみ惜しむ

活用

マ行五段活用
いた-む

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
い↗た↘む
京阪式アクセント[編集]
↗いたむ

古典日本語[編集]

語源[編集]

いた」(甚)

発音(四段活用)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]

いた↗む

南北朝時代[編集]

い↘た↗む

室町時代以降[編集]

い↘たむ

動詞[編集]

いたむむ、む】

  1. (現代語に同じ)痛む。傷む。
  2. なげく。かなしむ。

活用

マ行四段活用
いた-む
  1. きずける。
  2. (心身に)苦痛あたえる。

活用

マ行下二段活用
いた-む

諸言語への影響[編集]

マ行四段

マ行下二段