おぼえる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

おぼえるえる・える】

  1. (他動詞) 忘れないで、記憶にとどめておく。記憶する。意識して忘れない。
    • あの時のことはでも覚えている。
    • 母さんがしまった僕の本の場所覚えていない?
    • よく覚えておくようにします。
    • 覚えとけよ。(「いつか痛い目に遭わせるぞ」といった意味)
  2. (他動詞) 学んだり教えられたりして、身に付ける習得する。
  3. (他動詞) ある感情感覚意識する。

活用[編集]

発音(?)[編集]

東京アクセント[編集]
お↗ぼえ↘る
京阪アクセント[編集]
↗おぼえる

語源[編集]

おもほゆ」→「おぼほゆ」→「おぼゆ」→「おぼえる」と転じた。

翻訳[編集]

語義1

語義2

語義3